布ナプキンについて

ミルキーウェイの布ナプキン
 
●布ナプキンって・・・?
 
その名のとおり、布でできた、生理用ナプキンのことです。
市販の、紙ナプキンや、タンポンのかわりに使います。
一回一回使い捨てるのではなく、何度も洗って使います。

私が初めて友達から聞いたのは、もう何年も前です。
初めて聞いたときは、衝撃でした。
『ナプキンが布って!?』『もれないの??』『つかったあとはどーするの?』『手入れとかめんどくさくないの?』
色々聞きましたが、結局、布ナプキンを使うことなく数年経ちました。

私が、本格的に布ナプキンを使ってみようと思ったのは、冷えをどうにかしようと試みたからです。
調べていると冷え対策の一環で、布ナプキンに出くわし、初めて購入に至りました。

布ナプキンって…
布でできてるので、お洋服を重ね着するのと同じ原理で、あたたかい。
あたたかいから、冷えが改善され、その結果、生理痛がやわらいだり生理周期が整ってくるなどのいいことたくさん!布なので通気性もいいから、かぶれも改善されます。

初めて布ナプキンを使ったときの感想は、なんといってもかわいい柄に、テンションが上がり、幸せな気持ちになりました。もひとつ言うと、高い布を股にはさんでいるので、私は今日は布ナプなんだぜと内心リッチな気分にもなります。
一番不安に思ってた、漏れもなく、(とはいっても最初は不安なので、一時間おきぐらいにトイレでチェックしてました。)お洗濯も1ヶ月に6日ほどのことなので、そんなに苦ではありませんでした。

即座に、追加購入し、次の生理はまだかなぁと、待ってる自分がいました。
それは、新しい下着を早くつけたい感覚に似てます。
ブルーデーが、ハッピーになりました。
今日はどの柄にしようかな?と、選んでる時間も楽しいです。
 
●布ナプキンのメリット
 
布ナプキンにしてよかったこと。
まず、自分のカラダに興味をもつようになりました。
生理は女性の体調のバロメーター。
自分で洗濯するので、嫌でも、経血の状態を見るわけで・・・
私はごくたまに、レバー状の塊が出たりします。そんなときは血流がわるいんだなとか、冷えてたのかなとか、気にするようになりました。

紙ナプキンを使ってたころは、汚物入れなんていうぐらいですから、生理=汚いもの、としてとらえてました。
布ナプキンにシフトしてからは、考え方が変わり、生理は汚くなんかなくて、赤ちゃんのベッドをつくるためのなくてはならないもので、チョット大げさですが、いとおしいものなんだと感じるようになりました。

生理のときの、嫌なにおいがしません。
生理時の、なんとも嫌なにおい、わたしはそれが生理のにおいなんだと思ってました。
ですが、布ナプキンに変え、生理って、本来の血のにおい、鉄っぽいにおいだったんだと気づかされました。
もともとあのいやなにおいは、紙ナプキンの、ムレが原因です。
紙ナプキンは通気性がよくないので、どうしてもムレてしまいます。
布ナプキンは通気性ばつぐんなので、いやなにおいも発生しにくいです。

それから、買い置きしなくていいので、気楽です。
生理がくるたびに、慌ててドラッグストアに買いに行かなくてすみます。
私が紙ナプキンを使ってたころは、実家で、妹と共同で買ってましたので、減りが早く・・・
もうない!と思うこともしばしばありました。
布ナプキンは自分だけの引き出しに入れて自分だけで使うので、ストックを気にすることなく、ストレスフリーです。

そして、布ナプキンは洗って使うので、ゴミが出ません。
毎回捨ててた紙ナプキン。見ないように、汚いものとして捨ててました。
それを、燃やしてもらい、また捨てる。
一生続けてたら、どのくらいのゴミになるでしょうか・・・
布ナプキンを使うと、少しでもそのゴミを減らせます。

最後に、布ナプキンは経済的!
薄いものから分厚いものまで、枚数をそろえるとなると、初期費用はかかりますが、布ナプキンは何年も使っていくものです。
3年ほどで、もとはとれ、紙ナプキンを毎月使っていくのに比べると、圧倒的に、経済的です。
私は、初めて購入した布ナプキンを、5年たった今も使ってます。

冷え解消?
かぶれ軽減?
地球さんのためにエコでいたい。
経済的だから使う!
などなど。
きっかけはなんだっていいと思います☆

布ナプキンを使ったときの幸せ感を体験してほしいなぁと思い、このホームページを立ち上げました。
まだまだ商品数は少ないですが、すこしずつバラエティも増やしていきます。
お気軽に遊びに来てくださいね☆

STAFF あゆ